交通事故はスペシャリストの司法書士にお任せ|安心スピード解決

オペレーター

手続きをする

法律

債務額を上回る高額の遺産が残されている場合であれば、単純相続しても大丈夫かもしれません。しかし、実際には、後からドンドン別の債務の存在が明らかになるケースが多いので、早めに相続放棄もしくは限定承認の手続きを取っておくようにした方が安心できます。この手続きを自分で取る場合は、2000円程度の費用を負担するだけで済ませることができます。一方、専門家の相続放棄サービスを利用する場合には、サービス利用料がかかります。弁護士を利用する場合であればだいたい20〜30万円、司法書士で10〜15万円前後の費用がかかると考えておくのが無難です。

昔は、結婚して親元から独立した後も実家の近くで暮らす人が多かったので、相続放棄の手続きを取る際にも、さほど苦労しないケースがほとんどでした。相続放棄の申述書は、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に提出する必要があるのですが、相続人の自宅からも近い場所に裁判所があるケースが多かったため、実際に自分で裁判所に足を運び、記入方法などを教えてもらうことができました。しかし、最近は実家から遠く離れた場所を生活の本拠地とする人が多くなったため、実家の近くにある裁判所へ簡単に出向くことができない人が増えました。もちろん郵送で手続きを取ることも可能ですが、結構な手間がかかります。そのため、司法書士や弁護士が提供する相続放棄サービスを利用する人が多くなりました。先程も述べた通り、決して安くはない費用がかかってしまうことになりますが、添付書類等の取り寄せも全部任せてしまうことができるため、多くの人が専門家のサービスを利用しています。