交通事故はスペシャリストの司法書士にお任せ|安心スピード解決

オペレーター

相続トラブルの回避

オペレーター

実際には、亡くなった後しばらく経ってから遺産分割協議が行われ、そこで財産の分け方が決められることになるのが普通です。遺産分割協議がまとまった段階で、その合意に基づく相続の効力が故人の死亡時にさかのぼって有効になります。しかし、現実的なことを考えると、この遺産分割協議がスムーズにまとまるケースはそう多くありません。というよりも、相続人間で揉めてしまうことがとても多くなっているのが実情です。そのような状態になってしまうことを避けたいと考えているのであれば、専門家に相談して、遺言書を作成しておくのが一番です。

遺言書を自分1人で作成することはもちろん可能ですが、法的な要件を備えていない無効な遺言書を作成してしまうようなことがあっては大変です。家庭裁判所の検認手続きで無効と判断されてしまった場合には、遺産分割協議が必要になってしまいます。法的に有効な良い遺言書を作成したいのであれば、専門家に相談してそのサポートを受けるようにするのが望ましいです。遺言作成サービスを提供している専門家には弁護士や司法書士がいますが、初回相談を無料にしている事務所が結構たくさんありますので、まず無料相談を利用してみるとよいでしょう。インターネットを利用すれば、無料相談サービスを提供している弁護士や司法書士を比較的簡単に見つけ出すことができます。