交通事故はスペシャリストの司法書士にお任せ|安心スピード解決

オペレーター

相続税の概要とサービス

法律

税額については相当大きな規模の資産を持つ資産家でない限りは気にする必要はありません。しかし、控除を行うときの手続きを取る必要があることを考えると相続税の計算を行う必要があり、サービスの需要は一定数存在します。会計士や税理士などへ相続税の計算を依頼する件数は年間を通じそれほど多くはありませんが、消えることはないといえます。大抵の場合相続の対象は自宅や別荘などの不動産関係が占めています。生命保険や株なども相続の対象となっていますが、生命保険は1,500万円までは非課税であり株については節税対策がたくさんありますので、やり方次第では課税金額は抑えられます。

相続税の計算を行える税理士は人気があります。理由は、実は税理士の枠の中でも相続税についての計算をきちんとこなせる人は限られる点にあります。ですので、なかなか難しいともいえますが相続税の計算についてしっかりと覚えておけば税理士は生活に困ることはまずありません。こうした相続税対策のエキスパートが行う業務としては土地の計算を行うことで評価額を決めることができます。これは節税についても大きく役立ちます。机上の計算だけでは見えてこないこをを現地調査を行うことで明確にわかりやすくします。現地調査を元に公図や実測図をスキャナで読み取り、独自のCADソフトなどへと落とし込みます。こうしてCADを活用することで、土地評価を減らし相続税対策へと役立てることができます。